2008年01月30日

プリンの歴史

プリンの歴史

プリンというとお皿の上でプルル〜ンとふるえる姿にピッタリの名
前ですが、本来プリンは英語のプディング(Pudding)から
来た日本語なのですというのは前回お話しましたが今回はプリンの歴史についてお話しましょう。
英語の発音が日本人の耳にはプディングがプリンと聞こえたことから「プリン」が一般的な言葉になりました。
プディングは5〜6世紀頃にイギリスで作られ始めた保存食が発達したもので、米・小麦粉・肉などに牛乳・卵・果物や調味料を加え、煮たり蒸したり冷やしたりして固めた柔らかい食品の総称です。
だから本当はいろいろなプディングがあるのです!

日本では一般的に甘いデザートのプディングをさしていますね。
今現在では「抹茶プリン」「ごまプリン」などプリンも『和』の世界へ広がり、様々なおいしさが楽しめるようになりました。

そんな歴史深いプリンをお取り寄せしちゃいましょう!!

昔なつかしい手作り無添加の

「黄金のプリン」

ご注文はコチラ!

タグ:歴史
posted by はかたっこ at 15:42| Comment(39) | TrackBack(3) | プリンの歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。